サービス案内 事務所紹介 知財情報 お問い合わせ アクセス・地図 営業カレンダー 採用情報 HOME >> サービス案内 >> 商標 >> よくあるご質問    
   
  よくあるご質問    
                     
    商標権取得にあたっては、特許権取得とは異なるノウハウが必要です。  
    これまでお客様からいただいたご質問に、  
    当所の商標専任弁理士小林恵美子がお答えします。  
                     
                     
                     
    Q1.個人で商標の出願をしたいのですが、どうしたらいいですか?  
                     
    A1.特許庁の下記ページが参考になるかと思います。  
      ①商標権を取るための手続き  
      ②商標登録出願時の手続きガイドライン  
                     
       
    Q2.商標の出願手続は、個人で行うことができますか?  
 
    A2.個人で出願手続をすることも可能です。  
      ただ、適切な内容で出願を行うには、以下の理由から、商標専門の弁理士に依頼することをお勧めします。  
      [続きを読む…→]  
 
   
      Q3.出願後、特許庁から「拒絶理由通知書」が届きました。どう対応したらいいですか?  
         
      A3.拒絶理由通知書に記載された拒絶理由は種々あります。  
        主な拒絶理由には、「他人の先願商標に類似する」、「商標に識別力がない」、「新たな商品・役務の場合における  
        指定商品・役務の記載方法」について等があります。[続きを読む…→]  
         
       
         
      Q4.どうしても、自分の考えたマークで商標登録したいのですが、他事務所で  
          その登録は無理だと言われてしまいました。どうしたらいいですか?  
   
      A4.当所は、他所で商標登録が難しいと言われた案件についても、登録に至らせた実績を有しています。  
        [続きを読む…→]  
   
   
      Q5.専門家にお願いすると、費用がどのくらいかかるのか心配です。  
   
      A5.お客様の案件に対するお見積書(概算)を、原則1営業日以内に作成致します。  
        お見積は無料ですので、お気軽にご相談ください。  
   
   
      Q6.知財担当者ですが、自社の社員に商標の知財教育をするのが大変です。  
         どうしたらいいですか?  
   
      A6.当所の専任弁理士は、これまでも、所内外での商標研修や、商標教育用の資料作成を行った  
         実績があります。  
        ご要望に合わせて対応することが可能ですので、是非ご相談ください。  
   
       
   
                          ※ご質問やお問合せは、お問合せフォームからご連絡ください。  
   
   
                         
       
  ■特許・実用新案 ■意匠 ■商標 ■国際
 
創造ステージでのサポート
創造ステージでのサポート
創造ステージでのサポート 海外出張報告
 
保護ステージでのサポート
保護ステージでのサポート
保護ステージでのサポート 現地代理人来訪
 
海外法制・法改正情報等
活用ステージでのサポート   よくあるご質問    
 
活用ステージでのサポート    
判決トピック    
         
活用ステージでのサポート    
03-3393-7800