サービス案内 事務所紹介 知財情報 お問い合わせ アクセス・地図 営業カレンダー 採用情報 HOME >> 採用情報 >> 技術系弁理士
 
    技術系弁理士 (機械、構造、制御、有機化学、有機材料、無機材料、電気)  
       
    【募集背景】  
      当所は、創業以来38年にわたり、多くの大手クライアントから信頼を得て発展してきました。  
      一部の技術分野に特化せず、幅広い技術分野の案件を取扱うことで複合化する技術への対応など  
      お客様の様々なニーズにお応えできる体制をとっています。このような取組が、事務所の健全経営  
      にも資しています。また、2007年の業務法人化を機に、組織力の向上やスケールメリットを活かした  
      サービスの提供にも力を入れています。  
         
      特許権取得に対するクライアントの要望が多様化、高度化する中、対特許庁手続にとどまらず  
      訴訟までをも含めた法律手続対応や、外国での、より効果的な特許権の取得など、より高度な  
      知財サービスの提供、つまり付加価値をつけられる体制を充実させていくために私たちと一緒に  
      努力を惜しまない技術系弁理士を募集します。  
         
    【応募必須要件  
      下記、いずれかに該当する方  
      1.機械、構造、制御、有機化学、有機材料、無機材料、電気のうち、いずれかの技術分野を専門とし  
        特許事務所に2年以上の勤務経験がある弁理士資格者  
      2.上記1.の要件には該当しないが、特許庁審査官経験、企業知財部での経験がある弁理士資格者  
 
      【仕事内容】  
        1.国内・外国出願用の特許明細書作成、中間処理(意見書・補正書等)対応  
        2.鑑定・審判・審決取消訴訟等実務対応  
        3.特許相談・発明発掘・調査対応  
           
      歓迎する経験やスキル  
        1.国内・外国出願用の特許明細書原稿、中間処理対応書面原稿 の作成等、特許実務経験  
        2.複数の技術分野における特許実務経験または対応スキル  
        3.業務における英文読解経験  
        4.開発・設計・生産技術等、ものづくりに携わった経験  
        5.クライアントとの折衝経験
   
      【求める人物像】  
        1.論理的思考力のある方  
          →弁理士として種々の案件を処理していく上でもっとも重要なのが、法律的知識に立脚した  
            論理的思考です。当所では、常にこのようなスタンスで思考する方を歓迎します。  
           
        2.向学心のある方  
          → 昨今の、国内外の数次に亘る法律改正等があり、発明の発掘から権利の活用まで  
            弁理士の仕事は多様化しています。当所では、多様化する仕事に対して積極的に  
            チャレンジする人、常に新たな知識を吸収したいという向上心のある方を歓迎します。  
           
        3.責任感のある方  
          →弁理士である以上、事務所を代表する代理人としての能力が要求されます。お客様に  
            対して常に最善の対応を考え、お客様の利益に資する弁理士を目指す方を歓迎します。  
           
        4.協調的で改善意欲のある前向きな方  
          →弁理士であるからといってすべてを一人でできるものではありません。自分が得意な  
            分野の情報を他の所員に提供しつつ、他の所員の意見にも耳を傾け、当所全体の  
            業務品質のレベルを向上してくれる方を歓迎します。  
           
      【入所後のイメージ】  
   
           
       
           
     

【所長からのコメント】

 
        1.地道な努力が必要  
          特許明細書の作成能力を上げていくためには、最初は自分の書いた文章を、先輩のチェックを  
          受けて修正する作業の繰り返しとなるでしょう。先輩からチェックで直される箇所に真摯に向き合い  
          直されないように改善していく地道な努力が 必要となります。  
           
        2. 3つの能力  
          特許技術者の実務能力は基本3つに大別できます。  
          1つめが技術的能力、発明の技術を理解することができる能 力です。  
          2つめが法律的能力、法律に基づいた判断を要求される仕事なので、根拠となる条文を理解する能力です。  
           さらに、今後は対外国対応も今以上に重要となりますので、外国法制にも気配りをする必要があります。  
          3つめが語学的能力、具体的には読解力と作文力、読み書き する力です。  
           
        まず1つ、自分が人より優れていると誇ることができるもの を持って、そこから能力を拡大し、高めようとする  
        前向きな姿勢が大事です。  
           
      【採用プロセス】  
        書類選考→適性検査/筆記試験(含意見書作成試験・図面試験) →一次面接
        →二次面接→内定通知→採用  
        ※通常、応募から内定通知まで3週間程度  
           
      応募に際しての注意事項  
        応募書類として、下記書類2点をご送付下さい。2点共に書式は自由です。  
        全ての書類が揃っていない場合は、受理できかねますことをあらかじめご了承ください。  
        (1)履歴書(顔写真貼付)  
          ・弁理士登録番号をお持ちの方は、登録番号を必ず記載してください。  
        (2)職務経歴書  
          ・特許明細書の作成経験がある方は、公報番号を必ず記載してください。  
          ・特許明細書の作成経験がない方は、職務経験のある技術分野について詳細に記載してください。  
           
      【インタビュー】  
        1)「法律と技術の知識を活かし、幅広い分野の技術に接する機会を得られる点が魅力です。」  
          (業務室 弁理士 新井 宏)  
               
        2)「特許庁審査官時代に培った知識や経験は、出願書類作成、中間処理の判断に活かせます」  
          (業務室 弁理士 河口 展明)  
   
       
   ■正所員採用 ■準所員採用 ■所員インタビュー(募集中職種) ■所員インタビュー(募集終了職種)
 
募集要項    
弁理士1(技術)
商標弁理士
 
技術系弁理士    
弁理士2(技術)
経理事務
 
特許技術者    
特許技術者
特許翻訳
 
特許事務(国内)
特許事務(国内)
特許事務(外国(内外))
 
         
 
                 
                 
03-3393-7800