サービス案内 事務所紹介 知財情報 お問い合わせ アクセス・地図 営業カレンダー 採用情報 HOME >> 採用情報 >> 特許事務(外国)インタビュー  
               
         
    「自分の持っている知識や経験を組合せ、最善の提案  
        をできたと思う時には、特にやりがいを感じます。」  
         
      出願事務室 国際事務グループ  
      リーダー 足立 友恵(2002年入所)  
         
         
           
      具体的にどんなお仕事をされていますか?  
         
      (1)外国特許案件に関する書類作成・コレポン業務  
        国内のお客様から依頼された特許出願を海外の特許庁へ出願し、特許として権利化されるまでの  
        事務手続が主な業務です。  
        海外の特許庁への手続は、現地の特許事務所を介して行われます。私たちの仕事は、国内のお客様と  
        現地特許事務所との仲介になります。  
        具体的には、現地特許事務所へ手続に必要な書類を送付したり、国内のお客様の要望を伝えたり、  
        また現地特許事務所が行った手続や送られてきた書類について国内のお客様に報告したり、といった  
        作業を行っています。  
        使用する言語は、日本語と英語が半々といったところです。  
      (2)期限管理業務  
          特許出願が権利化されるまでには、法制に定められた様々な期限が発生しますので、そういった期限の  
          管理も重要な業務です。  
          私は審査請求期限の管理を担当していますが、期限内に手続をしないと権利化の道が絶たれてしまう  
          こともありえますので、責任重大です。  
          国によって法制も異なりますので、法制を把握した上で、正確に対応しなければいけません。  
          プレッシャーはありますが、それが良い緊張感となり、やりがいを持って業務に取り組めていると思います。  
        (3)経理的業務  
          特許手続に直接関係する業務のほかに、これらの業務に伴って発生する費用をお客様に請求したり、  
          また現地の特許事務所から来た請求書に対して海外送金の準備をしたり、といった経理的な作業も  
          行っています。  
        (4)リーダーとして  
          国際事務グループのリーダーとして、所内外からの問い合わせに対応したり、お客様からの要望や  
          各国制度の変更を業務フローに落とし込む際の取りまとめを行っています。  
          また、現行の業務フローの問題点を発見し、改善していくことも重要な業務の一つです。  
           
           
        この仕事を選ばれた理由は?  
             
        入所当時は、特許事務所が何をしているところなのかよく知りませんでしたが、専門知識が身につきそう、  
        英語を使って仕事ができそう、と考えて応募しました。  
           
           
        入所したころ、仕事上、不安だったことは?  
             
        特許に関する仕事も英語を使った仕事も全くの未経験でしたので、不安はありました。  
        しかし、わからないことがあれば上司や先輩が丁寧に教えてくれましたので、すぐに慣れることができました。  
             
             
        仕事をしていてやりがいを感じるのは?  
             
        制度や手続の進め方について、所内外から相談を受けることも多いのですが、自分の持っている知識や  
        経験を組合せ、最善の提案をできたと思う時には、特にやりがいを感じます。  
        特許事務所はサービス業でもありますので、人の役に立てることが何よりの喜びです。  
           
           
        仕事をするにあたって、一番大事だと考えていることは?  
           
        責任感です。  
        特に期限管理においてはミスが許されませんので、絶対にミスをしないという気持ちが必要なのは  
        当然ですが、さらにミスを出さないための仕組み作りも重要です。こういったことを他人任せにせず、  
        責任を持って取り組んでいくことが大事だと思います。  
           
           
        仕事を続けてきたなかで、身についたと思うスキルや経験は?  
             
        毎日沢山の英語を読んでいるので、英語の読解力が上がりました。  
        入社数ヶ月後にTOEIC試験を受けたところ、殆ど勉強していないのに、スコアが100点も  
        上がっていたので驚きました。  
             
           
        この事務所に入所しようと思ったのは?  
           
        面接の担当者(入所当時の上司)が気さくな雰囲気だったことや、受付の皆さんの感じが  
        良かったので、働きやすそうな職場だと思いました。  
           
           
        この事務所に入所してよかったことは?  
           
        環境面では、通勤が快適なこと、勤務時間に融通が利くこと。  
        業務面では、新人でも自由に意見を言える雰囲気があり、業務改善を提案し実行することができる  
        職場環境ですので、本人の意識次第ですが、やりがいを持って働くことができます。  
           
         
           
        この仕事に向いているのはどんな性格の人だと思いますか?  
             
        特に期限管理などではちょっとしたミスも許されない、正確さが要求される仕事ですので、几帳面な方が  
        向いていると思います。  
        一方、海外とのやりとりでは思い通りにいかないこともありますから、あまり杓子定規に考えず、  
        重要でないことは見過ごせる柔軟性もあった方が良いかなと思います。あまりに潔癖な方、完璧主義  
        の方は、きっと精神的に疲れてしまうと思うので…。  
           
           
        どんな人に入所してもらいたい、どんな人と一緒に働きたいと思いますか?  
           
        ・責任感のある方  
        ・協調性のある方  
        ・向上心のある方  
        ・サービス精神のある方  
        といった方と一緒に働けたらいいなと思います。  
           
        応募を考えている人にメッセージをお願いします。  
           
        国際事務グループは女性ばかり7名の部署で、皆、プロ意識を持って仕事に取り組みつつも、  
        オフの時間には仕事以外の話に花を咲かせることも多々あり、楽しく働いています。  
        このような職場で一緒に働きたい、共に成長していきたいと思われる方からのご応募をお待ちしています。  
           
                                                     (2013年12月)  
       
   ■正所員採用 ■準所員採用 ■所員インタビュー(募集中職種) ■所員インタビュー(募集終了職種)
 
募集要項    
弁理士1(技術)
商標弁理士
 
技術系弁理士    
弁理士2(技術)
経理事務
 
特許技術者    
特許技術者
特許翻訳
 
特許事務(国内)
特許事務(国内)
特許事務(外国(内外))
 
         
 
                 
                 
03-3393-7800