サービス案内 事務所紹介 知財情報 お問い合わせ アクセス・地図 営業カレンダー 採用情報 HOME >> 採用情報 >> 商標弁理士インタビュー  
               
       
    「探究心がいくらあっても足りないほど、  
    奥の深い仕事に夢中になっております」  
         
      商標実務担当(国内) 弁理士 小林恵美子(2005年入所)  
         
         
         
         
             
      具体的にどんなお仕事をされていますか?  
         
      商標の分野において、調査の段階から、特許庁へ提出する出願書類の作成、拒絶理由通知に対する  
      意見書・補正書の作成、審判請求書の作成、訴訟対応等と、それに伴うお客様へのアドバイス、そして  
      最近は、企業向けの商標教育用の資料作成や、ドメイン・著作権・不正競争防止法といった周辺領域  
      に関する相談対応等をさせていただいております。  
         
         
      この仕事を選ばれた理由は?  
         
      大手企業の事務職として社会人生活をスタートしましたが、資格を取って専門職として働きたいと  
        思っておりましたところ、「弁理士」という資格を知り、平成11年にこの業界に入りました。  
        そして、予想どおり、探究心がいくらあっても足りないほど奥の深い仕事に夢中になっております。  
           
           
        仕事をしていてやりがいを感じるのは?  
           
        自分のスキルを活かして仕事をし、お客様が喜んでくださったときです。  
           
           
        仕事をするにあたって、一番大事だと考えていることは?  
           
        お客様との関係でも、また所内の関係でも、一つ一つの信頼関係を大切にしていくことです。  
        より大きな信頼関係を築いていくためにも、この小さな信頼関係の積み重ねがとても大事だと思います。  
           
           
        仕事を続けてきたなかで、身についたと思うスキルや経験は?  
           
        (1)対特許庁手続ノウハウ  
          例えば、商標の調査や類否判断は、簡単そうに見えるかもしれませんが、マークと指定商品・役務との  
          関係やその分野における登録状況等さまざまな要素が重なりあって、類似か非類似かの判断が  
          なされています。仕事を続けてきた中で、そうした判断スキルが身についたと思います。  
          また、意見書・審判請求書においても、いかにして拒絶理由を覆すかの手法が身についたと思います。  
        (2)商標権の維持管理全般に関するアドバイススキル  
          「商標は生き物」と私は思います。例えば、時代によって類否の判断の傾向が異なることもありますし、  
          また商標の使い方を間違えば、普通名称化してしまうこともあります。  
          さらに、類似商標の使用を放っておいたら、先方が有名になって、こちらが警告を受けてしまうような  
          ことにもなりかねません。  
          このような状況をしっかりと理解し、想定した上で、単に商標権を取得することに止まらず、これらの権利を  
          適切に維持管理できるようにアドバイスしていくスキルが、実務経験を通じて身についたと思います。  
          今後も、商標権の維持管理全般に対して総合的なアドバイスができるように、たゆまぬ努力を  
          続けていきたいと思っております。  
           
           
        この事務所に入所しようと思ったのは?  
           
        弁理士試験に合格後、事務所を訪れた際に、現状に安住せず成長していくためにはどうしたらよいかという  
        前向きな話を聞き、この事務所の中で、一緒に努力し伸びていけたらと思い、入所しようと思いました。  
           
           
        この事務所に入所してよかったことは?  
           
        多くありますが、具体的には  
        (1)従来のやり方に固執することなく、時代に合った効率的な仕事の進め方で仕事に取り組めること。  
        (2)研修会・勉強会への参加を通じて自己研鑽する機会を与えられていること。  
        (3)所内には弁理士だけではなく、弁護士もいるので、お客様の案件が訴訟になった際には、連携して  
          対処できる点が心強いこと。  
        (4)事務所の所在地が、新宿駅からJR中央線で10分の荻窪駅、また駅前徒歩1分とかからない場所にあって  
          通勤に便利なこと。  
        (5)所内では、1人1人の所員のスペースがゆとりを持って取られており、明るく広々としたオフィス空間で  
          あること。  
           
         
           
        商標の仕事に向いているのはどんな性格の人だと思いますか?  
           
        (1)探究心があること  
        (2)正確性を求める性格であること  
        (3)業務に優先順位をつけられること  
        (4)お客様とお話させていただく機会が多いので、ある程度社交的であること  
        どれも欠くことができない大事なことだと思います。  
           
           
        どんな人に入所してもらいたい、どんな人と一緒に働きたいと思いますか?  
           
        国内外の違いはあっても、一緒に商標実務を担当することになりますので、  
        (1)商標法やマドプロ制度の基礎知識や、各国法制に応じた指定商品の作成など、実務担当者として基本的な  
          知識と経験を有していること。  
        (2)商標特有の英語表現にも対応できるだけの、英語力を有していること。  
        (3)業務に優先順位をつけられること。  
        (4)感じのよい応対ができること。  
        (5)商標知識の習得に喜びを感じられること。  
        ができる方と一緒に働きたいと思っております。  
           
           
        応募を考えている人にメッセージをお願いします。  
           
        私は、この仕事を本当に面白いと思っています。  
        「この道で生きていきたい!」と考え、この事務所で一緒に努力し成長していきたい方のご応募を  
        お待ちしております。  
           
                                                     (2012年7月)  
           
   ■正所員採用 ■準所員採用 ■所員インタビュー(募集中職種) ■所員インタビュー(募集終了職種)
 
募集要項    
弁理士1(技術)
商標弁理士
 
技術系弁理士    
弁理士2(技術)
経理事務
 
特許技術者    
特許技術者
特許翻訳
 
特許事務(国内)
特許事務(国内)
特許事務(外国(内外))
 
         
 
                 
                 
03-3393-7800