サービス案内 事務所紹介 知財情報 お問い合わせ アクセス・地図 営業カレンダー 採用情報 HOME >> 採用情報 >> 特許事務(国内)インタビュー
             
       
    「所内からも、お客様からも頼りにされる  
              特許事務員になりたいと思います。」  
         
      出願事務室 国内事務グループ  
              伊東 亜紀 (2014年入所)  
         
         
         
             
      具体的にどんなお仕事をされていますか?  
         
      (1)特許庁への事務的申請書類の作成、提出、手続など  
      (2)特許庁から発送される各種通知書の事務処理全般  
      (3)特許法などに規定された法定期限や、お客様との間で設定された納品期限などの管理  
      (4)その他庶務業務など  
         
         
      このお仕事を選ばれた理由はなんですか?  
         
      前職は税理士事務所の事務員だったのですが、同じ士業ということで、これまでの事務員としての  
        経験が活かせると考えたことと、特許というものに対して単純に興味があったことが理由です。  
           
           
        入所したころ、仕事上、不安だったことはありましたか?  
           
        特許事務の経験が全くない状態で入所しましたので、やはり不安はありました。  
        ですが、国内事務グループ内で、知識としての法制度の研修、実務としてのOJTを通じて、  
        日々業務をこなしていくうちに不安はなくなりました。  
        疑問に思ったこと、分からないことはすぐに質問できる環境だったことも大きかったです。  
        指導してくださった上司や先輩方には大変感謝しております。  
           
           
        仕事をしていてやりがいを感じるのはどんなときですか?  
           
        大量の案件をミスなく短時間で終えることができたとき、難しい案件の対応を自分なりに調べ、  
        所内弁理士に相談もしながら、スムーズに終わらせることができたとき、です。  
           
           
        仕事をするにあたって一番大事だと考えていることは何ですか?  
           
        正確性と効率性です。  
        ミスがないことはもちろんのこと、その品質をキープしつつ、いかにバランス良く効率的に  
        業務を処理できるか、がとても大事だと思います。  
        あとは、少しの「思いやり」でしょうか。  
        例えば、通常と違う動きをしている案件に対して、特許庁からなんらかの通知が発送された場合、  
        担当者へつなぐ際、「見れば分かるだろう」ではなく、一言添えてお知らせするなど  
        事務の「気づき」によって業務がスムーズにいくこともたくさんあります。  
        また、お客様に対しても、本来の代理人としての業務範囲外のサービスであったとしても、  
        お知らせすることで感謝されることもたくさんあります。私達の業務はここまで、と杓子定規に  
        はめてしまうのではなく、ほんの少しの「思いやり」がとても大事なのではないか、と感じています。  
           
           
        当事務所に入所しようと思ったのはなぜですか?  
           
        事務所の雰囲気が良かったことと、交通アクセスが良かったこと、  
        あとは女性が働きやすい職場というのも大きかったです。  
           
         
           
        特許事務(国内)業務を続けてきた中で身についたと思うスキルや経験はなんですか?  
           
        正確性はもちろんのこと、それを担保する情報の確認や法制度の確認など、  
        最短距離でいかに正確に業務を終わらせることができるか、という能力が身についたと思います。  
        また、同時にいくつもの業務を進めていくことで、優先順位をつける判断力も養われました。  
           
           
        当事務所に入所してよかったことはなんですか?  
           
        人間的に成長できたところです。  
        業務上の知識やスキルの向上はもちろんですが、他部署との連携や、お客様対応などで、  
        コミュニケーション能力も向上できたと感じています。  
        また、事務所では所内行事もあるため、業務以外での他の所員と親睦を深めることもできます。  
           
           
        この仕事に向いているのはどんな性格の人だと思いますか?  
           
        責任感と意欲のある方だと思います。  
        国内事務グループは、現在5名で主担当制を取っており、事務に求められる正確性はもちろんのこと、  
        自発的に動ける方、責任感を持って業務に取り組める方が向いていると思います。  
           
           
        特許事務業務は高い専門性に加えて「丁寧さ」と「スピード」の両方を求められますが、  
        大変ではありませんか?  
           
        大変です!が、その分やりがいも大きいです。  
        ミスをしないような仕組みやチェック体制がありますが、自分で気になったことは、 調べる!確認する!  
        は必須です。  
           
           
        特許事務業務の品質を高く維持するために、取り組まれていることは何ですか?  
           
        期限管理や顧客情報管理など、所内システムも使い、品質の維持を図っています。  
        その運用の中で、日々改善点を検討し、より高いサービスを提供できるよう努めています。  
           
           
        今、挑戦していることはなにかありますか?  
           
        早寝早起きです。朝余裕がある時には、お弁当を作るようにしています。  
        また、朝のお菓子作りを再開したいです。  
           
           
        将来、どんな特許事務員になりたいと考えていますか?  
           
        所内からも、お客様からも頼りにされる特許事務員になりたいと思います。  
           
           
        どんな人に入所してもらいたい、どんな人と一緒に働きたいと思いますか?  
           
        (1)新しいことを積極的に吸収していこうとする姿勢をお持ちの方  
        (2)事務の内容は多岐に渡るので、どんな業務でも全力で取り組む姿勢をお持ちの方  
        (3)全体を見渡せて、自分がどう動くべきかを的確に判断できる方  
        (4)正確性、効率性のバランスを取って業務を進められる方  
           
           
        典型的な1日のスケジュール(仕事内容)を教えてください。  
           
         
           
           
        応募を考えている人にメッセージをお願いします。  
           
        特許事務の内容について、企業などの一般事務を想像されている方がいらっしゃるかもしれませんが、  
        通常の事務としての業務に加え、専門性の高い法知識や制度の理解、責任感も必要となります。  
        特許事務という業務に、全力で取り組む覚悟のある方のご応募をお待ちしています。  
           
                                                              (2016年9月)  
       
   ■正所員採用 ■準所員採用 ■所員インタビュー(募集中職種) ■所員インタビュー(募集終了職種)
 
募集要項    
弁理士1(技術)
商標弁理士
 
技術系弁理士    
弁理士2(技術)
経理事務
 
特許技術者    
特許技術者
特許翻訳
 
特許事務(国内)
特許事務(国内)
特許事務(外国(内外))
 
         
 
                 
                 
03-3393-7800