サービス案内 事務所紹介 知財情報 お問い合わせ アクセス・地図 営業カレンダー 採用情報 HOME >> 知財情報 >> 国内・特許法等の一部を改正…
   
  特許法等の一部を改正する法律が可決成立  
 
  今年の通常国会で、特許法等の一部改正の審議がなされ、可決成立した。
  一部を除き、まだ、具体的な施行時期は未定であるが、ユーザーフレンドリーで、かつ国際的に
  ハーモナイズされた内容となった。
  (注)地域団体商標の登録主体の拡充の施行期日は本年8月1日。
 
  1.救済措置の拡充等
   優先権主張期間や特許出願審査の請求期間の徒過等に対する救済措置が設けられた。
   
  2.特許異議の申立て制度の創設
   特許異議の申立て制度と特許無効審判との比較
                           
        改正前   改正後              
                           
        1.いつでも請求可能   1.いつでも請求可能              
   
特許無効審判
  2.何人も請求可能   2.利害関係人のみ請求可能              
   
(123条)
  3.請求項ごとに請求可能   3.請求項ごとに請求可能              
        4.口頭又は書面での審理   4.口頭又は書面での審理              
                           
            1.特許掲載公報発行の日から6月以内              
     
特許異議の申立て
  なし   2.何人も申立てが可能              
     
(113条)
    3.請求項ごとに申立てが可能              
              4.書面審理              
                             
                                                                                           
    【参考】特許無効審判の請求件数推移  
                                             
     
暦 年
 
2008
 
2009
 
2010
 
2011
 
2012
 
2013
             
                                             
     
請求件数
 
292
 
257
 
237
 
269
 
217
 
247
             
                                             
                                                                                           
    3.意匠法の改正  
     「意匠の国際登録に関するハーグ協定のジュネーブ改正協定」加入に伴う、複数国に意匠を  
      一括出願するための国内規定を整備。  
   
     改正イメージ  
                         
       改正前    改正後              
                         
                         
           A国          A国                    
     出願人        B国    出願人    特許庁        B国                    
           C国          C国                    
                       
                         
   
    4.商標法の改正  
     (1) 保護対象の拡充  
        他国では既に広く保護対象となっている色彩や音といった商標を、新たな保護対象として追加。  
   
     (2) 地域団体商標の登録主体の拡充  
        商工会、商工会議所及びNPOを商標法の地域団体商標制度の登録主体に追加し、
        地域ブランドの普及・展開を図る。  
   
    5.弁理士法の一部改正  
   
   
    (注)経済産業省HP掲載の、特許法等の一部を改正する法律に関する記事、「特許行政年次報告書2014年版」を参照して作成。
   
                                                   2014年6月13日 弁理士 新井 正男  
                                                                                           
03-3393-7800