HOME >> 知財情報 >> 国内・2013年特許出願件…  
 
  2013年特許出願件数~国内漸減、国際漸増の傾向  
         
     特許庁は、2013年の特許出願件数を暫定速報値として公表した(3月4日、特許庁HP)。  
    出願構造の詳細は不明であるが、日本への特許出願件数は漸減の傾向にあるようだ。今後、  
    どこで下げ止まりになるのか、あるいは景気が回復すれば出願も回復し増加に転じるのか、注視したい。  
       
     特に、これまで出願規模が大きかった電気機器業界は2005年を境に特許出願件数を減少させてきており、  
    また、2008年秋のリーマンショックによる経済への影響、等々が依然として重くのしかかり、国内出願の  
    減少傾向を招いているのかも知れない。(【参考1】)  
       
     一方、知財のグローバル化を反映して、国際特許出願(PCT出願)は年々増加しており、今後の動向を  
    注視したい。(【参考2】)  
       
     また、出願件数だけでなく、各国移行先の国も、米国、欧州、中国、韓国に加えて、今後、アセアン諸国、  
    インド、南米、ロシアなどの国々への動向がどうなるのか注視したい。  
         
    【参考1:国内特許出願件数の推移】  
       
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
         
       ※国内出願人と外国出願人の出願合計値は、グラフ上部に記載。  
        なお、2013年は、出願人種別(国内、外国)が不明なため、両出願人の件数が混在した数値となっている。  
         
      【参考2:日本に出願された国際特許出願件数(PCT出願)】  
         
     
 
         
       (注)何れのグラフも、日本国特許庁の公開データを参照して整理加工の上作成。  
         
                                                  2014年3月18日 弁理士 新井 正男  
           
     
03-3393-7800
サービス案内 事務所紹介 知財情報 お問い合わせ アクセス・地図 営業カレンダー 採用情報