サービス案内 事務所紹介 知財情報 お問い合わせ アクセス・地図 営業カレンダー 採用情報 HOME >> 知財情報 >> 商標コラム
     
    新しいタイプの商標の種類と検索方法
 
     商標法の改正により、2015年4月1日の出願より、以下1.の5つのタイプの商標が、従来から保護されてきた
    文字商標、図形商標、立体商標とともに、わが国において保護されることとなりました。2015年10月27日付の
    経済産業省HPの公表によれば、既に、10月23日までに、1039件の新しいタイプの商標が出願され、
    音商標、動き商標、位置商標、ホログラム商標について、初めて登録を認める旨の判断が出ました(注1)
     同省HPの上記頁の「別紙: 登録を認める旨の判断をした新しいタイプの商標の一覧」をクリックすると、
    登録を認められた商標を見ることができます。
                           
                          (注1) 経済産業省HP「新しいタイプの商標について初めての審査結果を公表します」より抜粋
   
     
     
    1.新しいタイプの商標の種類  
       
    (1) 動き商標  
      文字や図形等が時間の経過に伴って変化する商標  
     
    (2) ホログラム商標  
      文字や図形等がホログラフィーその他の方法により変化する商標  
       
      (3) 色彩のみからなる商標  
        単色又は複数の色彩の組合せのみからなる商標 (これまでの図形等と色彩が結合したものではない商標)
         
      (4) 音商標  
        音楽、音声、自然音等からなる商標であり、聴覚で認識される商標  
         
      (5) 位置商標  
        文字や図形等の標章を商品等に付す位置が特定される商標  
         
                                            特許庁HP「新しいタイプの商標の保護制度について」より引用  
         
       
         
      2. わが国で出願された商標の検索の仕方  
         
      どんな商標が出願されたのかご覧になりたい場合は、「特許情報JPlatPat」で検索することができます。  
         
      (1) 5つのタイプの商標の検索方法  
           
        1.「JPlatPat」のトップ頁を開く。  
           
        2.「JPlatPat」のトップ頁上の「商標」をクリックして、「2.商標出願・登録情報」をクリックする。  
           
        3.「2.商標出願・登録情報」の画面において、「商標のタイプ」の欄で、見たい商標のタイプにチェックを入れて、  
         「検索」をクリックする。  
         1000件以下であれば、「ヒット件数」をクリックする。1000件を超えると検索できないので、少しずつ検索する。  
           
        4.「一覧表示」が出るので、「出願/書換/登録番号」の見たい商標の番号をクリックする。  
           
        5.「簡易表示」が出るので、右上の「詳細表示」をクリックすると、詳しい情報が出る。  
           
      (2) 音商標の音声を聞きたい場合  
         
        1.「JPlatPat」のトップ頁上の「商標」をクリックして、「1.商標番号照会」をクリックする。  
           
        2.「1.商標番号照会」の画面において、「出願番号」に、上記(1)で気になった出願番号を入力して、  
         「照会」をクリックする。  
         
        3.「照会結果一覧」が出るので、右端の「その他」の「出願公開番号」をクリックする。  
           
        4.「選択された文献」が出るので、右上の「音声再生」をクリックすると、音声が流れる。  
         
       
         
      3.コメント  
         
       幼稚園から高校3年まで継続してピアノを習い、高校時代は声楽・楽典・聴音も習って、学生時代は合唱部の
      部長を務めました。社会人になってからも、資格試験等の勉強がないときは、ピアノをさらに習って、合唱の  
      ピアノ伴奏やオルガン演奏を務めてまいりました。  
       今回の商標法の改正により、視覚でなく、聴覚による商標が初めて保護されることになりましたので、
      これまでの音楽経験を活かし、音商標の権利化に積極的に対応していきたいと思います。また、子供の頃から
      ずっと続けてきた音楽の"音"と本業の商標専任弁理士の"商標”を結び付けて、何か少しでも考えられないかと
      思い、現在、音商標について研究しているところです。
       音商標を含め、新しいタイプの商標に関する今後の審査、審判、係争事件等について情報収集してまいります
      ので、気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
   
                                                                                   
                                        2015年10月27日 担当弁理士 小林恵美子  
   
                                                                                   
                                                                                   
03-3393-7800