サービス案内 事務所紹介 知財情報 お問い合わせ アクセス・地図 営業カレンダー 採用情報 HOME >> 知財情報 >> 国内・商標判決トピック
     
    判決トピック
 
    商標に関する判決事例を、商標専任弁理士が定期的にご紹介します。
    ご不明な点がございましたら、お気軽に「お問い合わせ」欄から、ご連絡ください。
     
     
     
    IGZO審決取消請求事件(弊所被告側代理案件)
    平成27年2月25日知的財産高等裁判所判決(平成26年(行ケ)第10089号審決取消請求事件)
 
    原告:シャープ株式会社   被告:独立行政法人科学技術振興機構  
 
    1.事案の概要
     本件商標「IGZO」(標準文字)が商標登録されたが、平成26年3月5日に、特許庁において、第9類
    「電気通信機械器具,電子応用機械器具及びその部品,電池,配電用又は制御用の機械器具」に  
    ついての登録を無効とするとの審決がなされた。それに対し、原告が、審決の取消を求めて、本件  
    訴訟を提起した。  
 
    2.争点  
     本件商標「IGZO」が、自他商品識別力を有するか否かについて、その商品の原材料を普通に用い  
    られる方法で表示する標章のみからなるかどうかが争われた(商標法3条1項3号該当性)。  
   
      3.判断  
       本件商標「IGZO」は、取引者及び需要者が、指定商品がIGZOを原材料の一つとしているであろうと  
      一般に認識するものであるから、指定商品との関係で自他商品識別力を有しない。本件商標「IGZO」  
      は、本件指定商品に係る商品の取引に際して、必要適切な表示として何人もその使用を欲するもの  
      であるといえるから、特定人によるその独占使用を認めることが公益上適当であるともいえない。  
      そして、本件商標は、「IGZO」を標準文字で表すものである以上、普通に用いられる方法の表示に  
      該当する。  
       よって、本件商標「IGZO」は、商標法3条1項3号に該当し、自他商品識別力がない。  
   
      4.結論  
       審決にはこれを取り消すべき違法はないとして、原告の請求は棄却された。  
   
   
                                        2015年3月11日 担当弁理士 小林恵美子  
   
       
   
      平成26年8月7日知的財産高等裁判所判決(平成25年(行ケ)第10298号 審決取消請求事件)  
         
      1.事案の概要  
        本願商標が、指定商品を「Clothing items(被服製品)他」として国際商標登録出願されたが、日本において  
        先願商標※1と類似することを理由として拒絶査定となり、拒絶査定不服審判においても請求不成立と  
        されたため、不成立審決の取消を求めて知財高裁にて争われた事案である。  
           
       ※1「先願商標」とは、先に出願された商標で、特許庁で本願商標と同一又は類似すると判断された他人の商標をいう。  
         
      本願商標  
       
       
       
       
       
       
       
           
      先願商標  
            A            B              C              D  
         
           
      2.判決の要旨
        本願商標と先願商標とは、いずれも「マギー」の称呼及び女性の名又は愛称との観念が生じるので
        類似する、と判断された。
           
      3.コメント  
        本判決は、結合商標※2の類否について判断された一例である。  
           
         ※2「結合商標」とは、2以上の文字・図形・記号等を組み合わせた商標をいう。  
           
           
      (1) 商標の類否判断の一般論  
       ( i ) 商標の類否  
        一般的には、商標の類否は、商標の以下の3つの要素から総合的に判断される。  
         1.外観(見た目)  
         2.称呼(呼び方)  
         3.観念(意味)  
        さらに、事例によっては、取引実情も考慮される。  
   
       ( ii ) 結合商標の場合  
        原則として、商標全体同士が観察されて、類否が判断される。例外的に、商標に要部※3がある場合には、  
        商標全体の他、要部のみについても類否が判断される。  
   
         ※3「要部」とは、特に需要者の注意を引く部分で、商取引の目印となり得る部分をいう。  
           一つの商標に一つとは限らず、複数存在する場合もある。  
   
   
      (2) 本判決における判断について  
        以下のように判断された。  
   
       ( i ) 称呼  
                   
           
理由
 
称呼
 
                   
        本願   我が国においては、下段部分がアラビア文字による表記であることを   マギー  
          一般的には認識し得ない。本願商標の要部は、取引者、需要者にとって    
          読むことが容易であり、記憶にも残りやすい欧文字である「MAGGIE」である。    
                   
        先願A   下段部分が上段部分の称呼を特定する。   マギー  
                   
        先願B   「銀座」は地名表記であるため、商標全体の称呼の他、略称として「マギー」の   ギンザマギ  
        称呼が生じる。 ー、マギー  
        「銀座マギー」又はその略称である「maggy」は、少なくともいわゆる熟年層世代    
        の需要者には広く知られていた(取引実情)。    
                   
        先願C   片仮名「マギー」   マギー  
                   
        先願D   一般的な英語の発音方法に倣う。   マギー  
                   
                                                                                   
       ( ii ) 観念    
        いずれも「マギー」の女性の名又は愛称との観念が生じる。    
   
       ( iii ) 商標全体    
        よって、本願商標と先願商標とは、いずれも「マギー」の称呼及び女性の名又は愛称との観念が生じるので、  
        商標全体としても類似する。  
   
                                        2014年9月5日 担当弁理士 小林恵美子  
   
                                                                                   
                                                                                   
03-3393-7800