サービス案内 事務所紹介 知財情報 お問い合わせ アクセス・地図 営業カレンダー 採用情報 HOME >> 事務所紹介 >> その他・外部セミナー等
 
    外部セミナー等  
       
    弊所では、お客様のご要望を受けて、社員への知財教育を目的とした知財研修や、教材作成を  
    ご支援しております。  
    知財研修の対象は知財担当者だけに限らず、全くの知財未経験者から知財に関わりのある  
    研究者や開発者にいたるまで、お客様のニーズにあわせて対応することが可能です。  
    お気軽に「お問い合わせ」欄から、ご連絡ください。  
 
     
 
    第3回 無料セミナー  
    テーマ 商標のイロハ ~知って得する商標の基本、教えます!~」  
       
    日時:2016年2月23日(火)16:00~17:00  
    場所:弊所会議室  
    講師:弊所弁理士 小林恵美子  
    対象:「商標」に関心のある方  
 
     
     
     
       
       
       
   
      商標が初めての方を対象に、商標の定義と機能、商標登録の要件、商標の種類、そして商標で  
      よく受ける質問を、具体例を交えて、"わかりやすい言葉"に言い替えて説明いたしました。  
   
       ・商標ってそもそも何?  
       ・商標に関する疑問解決!  
       ・商号と商標、どう違うの?  
       ・店名に使うだけなら、商標登録は要らない?  
       ・商標って商標登録1個取ったら、どんな商品でも全部使える?  
       ・自分が考えたオリジナルのネーミングだもん!自分だけが使えるんじゃないの?商標登録しなくてもいい?
       ・®って何?  
   
       
         
      「知的財産部署所属社員対象 外国の知的財産制度の研修会」  
         
      日時:定期的に実施(年1~2回)  
    場所:弊所お客様企業または弊所  
      講師:弊所弁理士 窪田稚之  
      対象:知的財産部署所属社員  
         
      企業の活動が益々グローバル化する中、知的財産の世界も海外での出願・係争が増えています。  
      そのような環境下、弊所の弁理士単独で、若しくは、外国の弁理士(特許弁護士)と共同で、  
      外国の知的財産制度の研修会を適宜行っています。  
      日本の法制度の知識を持っていらっしゃる社員がお客様企業には多いことから、特に比較法的な  
      観点からの講義内容としています。  
   
      お客様企業からは、  
      ・日本の法制度との違いが良く分かった  
      ・国毎に出願方針を再考してみます  
      等のフィードバックを頂いております。  
   
      これまでに行った研修テーマは下記のとおりです。  
      ●弊所弁理士の単独開催  
       「米国改正法(America Invents Act)における先発表型先願主義について」(日本の実務も参照)  
      ●英国の弁理士と共同で開催  
       「ヨーロッパにおける特許訴訟について」 (主に日・独・英の制度の比較)  
      ●米国の特許弁護士と共同で開催  
       「米国における意匠と商標の出願戦略について」(日本の実務も参照)  
   
       
         
      「リエゾンマン対象 知財研修会」  
         
      日時:定期的に実施(年3~4回程度)  
      場所:弊所お客様企業  
      講師:弊所弁理士 中山寛二  
      対象:発明者と知的財産部署との橋渡しをするリエゾンマン  
         
      10数年来の長きにわたって、このお客様企業において社員への知財教育を目的とした研修を行っています。  
      研修では一般論に終始することなく、お客様企業の事例に則した具体例を入れて、わかりやすい研修を  
      行うことを心がけています。この長年の研修蓄積により、お客様企業での知財への取組が、より深くかつ  
      多くの社員に裾野が広がり、会社全体としての知財意識の高揚に貢献できていると考えています。  
         
      これまでに行った研修テーマは下記のとおりです。  
      ●2014年度(4回)  
       「明細書の書き方1(まとめ書の作成)」「明細書の書き方2(実施形態の作成)」「拒絶の対応」「商標の使用」  
      ●上記以前のテーマ  
       「発明の発掘から出願」「他社公報の見方」「技術者を取り巻く法律」「明細書の書き方」  
       「拒絶理由を受けた場合の対応」「権利侵害との警告を受けた場合の対応」「外国特許制度の解説」
       「契約書の見方」等々。  
   
       
   
      「特許事務所業界研究セミナー」  
         
      日時:2015年10月31日(土) 14:45~15:25  
      場所:TAC渋谷校  
      講師:弊所パートナー社員 所長代行 弁護士・弁理士 小泉妙子  
         
       
         
      2015年度弁理士口述試験受験生及び弁理士資格取得を考えている皆さんを対象に、  
      知的財産業界の現状、特許事務所を取巻く環境、弊所の特長や求める人材等について、  
      お話しいたしました。  
   
   
       
   ■事務所について ■プロフィール ■就業環境について ■その他
 
 概要
所長就任挨拶
就業環境
現地代理人来訪
 
 経営理念・指針
所長コラム
教育研修
所内研修会
 
 沿革
所長経歴
両立支援
外部セミナー等
 
 組織
会長経歴
所内行事
関連書籍
 
 PV支所
弁理士紹介
周年行事
 
 ロゴマーク    
事務所周辺
樹之下知的財産事務所 杉並区荻窪5-26-13 荻窪TMビル 3F